シミの種類

シミには様々な種類が存在することをご存知でしょうか。
シミの種類について、こちらで解説しております。

老人性色素斑

日光によく当たる部分でできるシミです。形は円形で、大きさは個人差があります。特に日光にあたりやすい顔や手、背中などによくできます。
老人性色素斑が出来る主な原因は紫外線と言われています。一般的にも知られている通り、歳を重ねるごとにできていくことの多い代表的なシミとなります。

そばかす(雀卵斑)

そばかすは正式には雀卵斑とも言います。
シミの色や形が雀の卵殻の模様によく似ていることから付けられた名前です。
おもに顏や手背、背中にできます。
色が白い人に多く出る症状で、主に遺伝が関係しています。
紫外線の影響によって色が濃くなってしまうため紫外線対策も重要です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、たとえば火傷やにきび、虫刺されといった外傷が原因となって炎症した箇所が色素の沈着を起こすことでシミとなることです。
生まれつき皮膚が弱い方になると、自分の肌に合わない化粧品や香水の使用が原因となってしまい、炎症して症状を起こす場合もあります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

Acquired Dermal Melanocytosisの略がADM(後天性真皮メラノサイトーシス)と呼ばれるものです。
顔の額や頬骨に現れます。グレーや青みのある色をしています。肝斑ととても似ているため、一般に見分けが難しくなります。
後天性のアザとなっており、外的要因なのか内的要因なのか何がはっきりとした原因になるかはわかっておりません。

肝斑

肝斑は、シミの種類の一つです。われわれ日本人にできやすい種類のシミの一つで、比較的が浅黒い肌の色の人にできやすいといわれています。
両頬、額、顎などに左右対称にできます。
形が内臓である肝臓に似ていることから「肝斑」と呼ばれています。
気温や季節やその人の体調によって濃さが変化し、主に30~40代の女性によくできる症状です。

脂漏性角化症

顏、頭、胸部、背部等の全身にできてしまう、見た目はいぼのようなできものです。発生の原因は複数あり、紫外線,皮膚の老化がなどがあげられます。
表面が少しざらざらしており、その色は褐色から黒色、皮膚と近い色と様々です。
大きさについても、数mmのものから2~3㎝のものまであります。
シミから発生する場合もあり、シミと混在していることが多くあります。

Copyright © Femmy Clinic All Rights Reserved.